読売新聞で見つけた、ニッチな助成金情報です。難しい書き方などもあったので、一般人にも分かりやすく紹介しますね(お国の文章は難しい物が多いですね!)

 

何でも、政府はサラリーマンなど会社を辞めて、独立起業、開業する人に生活費として年間650万円を、2年間も支給する制度を今年中に始めるみたいなんです。(ビックリ!!)

 

 

最初にこの記事を見たとき、僕も生活費650万円を2年間貰えるなら、何か開業しようかと思っちゃいました。詳しく読んで行くと、起業した最初の頃の、収入がほとんどなくなってしまう不安をなくすために、大企業などに勤務する優秀な人、技術者や研究者の起業、開業を後押しする助成金みたいなんです。

 

 

特に今後、伸びるであろう成長産業として、ロボットなどの製造業などでの起業、開業を政府は期待しているみたいです。

 

 

起業する人が、経済産業省所轄の独立行政法人『新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)』の関連する会社の契約社員になるみたいで、社員の生活費を給与として(NEDO)が払うみたいです。今年の8月18日までに対象となる人を募集して、15社ぐらいを選ぶ予定。

 

 

その他(NEDO)は補助金1500万円も市場調査や試作品を作ることなどに支給するみたいです。

 

 

意味わかりましたか?

 

 

僕は大企業で勤務などしていませんし、優秀な技術者や研究者でもありません。ロボットなどの製造業での、開業を考えているわけではないので、この助成金みたいな物はもらえないのでしょうか?

 

 

今、流行りの『ポップコーン』や『世界で2番目においしいメロンパン』などで、お店を開業しようと考えていたので、15社選ばれる中には入れないような気がしました。(泣)

 

 

いつも政府や国が作る助成金などは難しすぎて、一般の人には使えない物ばかりですね。今回の助成金も僕のビジョン『ポップコーン』や『世界で2番目においしいメロンパン』には使えないみたいですので、これからも今の仕事を続けていかなくてはならないようです(泣)。

 

 

今回は、起業、開業して生活費650万円貰えそうだったので、喜んで記事を見てみると、僕には関係なさそうな助成金だった、という記事でした!なんか良い話ないですかねー。(笑)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140728-OYT1T50162.html