こんにちはニッチなブログの管理人です。

 

今回は、高校生や大学生、若い人にはとっても有りがたい、誰にも相談できない情報だと思いますので、詳しく、実体験を加えて紹介しますね。お楽しみに!!

知っていましたか?

 

今は自宅で、簡単に性病検査やエイズチェックが誰にも知られずできちゃうんですよ。

 

僕たちの昔の時代は、『あれ、もしかして!!』っと思って、泌尿器科に検査に行くんですが、泌尿器科は皮膚科も一緒になっている病院が多くて、検査を待っている時でも、知っている人がいないか、ビクビクしちゃって大変だったです。(あ、すみません。性病の検査に病院も行きましたし、一度は淋病にもかかったことがあるんです。笑)

 

今は完全に完治していて、暴れん坊将軍全開で元気モリモリです。(笑)

 

あ、ここで、どうせだから、泌尿器科での性病の検査の方法も教えちゃいますね。

hjg

1まずは最初に尿検査

白いカップを渡されて尿検査です。皮膚科で病院に来ている人は、あまり尿検査までhはしないので、尿検査をしているということで、泌尿器科の患者だということがわかってしまうので、とても恥ずかしい思いになります。

 

2 血液検査です

血液を採取してくれている看護婦さんにも、なんだか冷たい目で見られているような気分になっちゃいます。(気のせいかもしれませんが)

 

3 尿道に綿棒

尿道に綿棒を深く突っ込んで、エキスのじかどり検査です。生まれて初めて記憶がなくなるぐらい痛い思いをしました。(泣)

必ず大声が出てしまい、他の人にも、それが自分だと分かるので、もう最悪です。(泣泣泣)

 

これが泌尿器科へ行っての性病検査の流れです。(この泌尿器科での性病検査は、誰にもしられずの反対で、みんなにばれてしまう検査方法ですよね。笑)

 

ここで淋病とわかって治療が始まりました。治療の方法は抗生物質を毎日飲むことです。

 

1週間に1度くらいの通院で、尿検査をして経過を見ていきます。

 

淋病に関しては意外と簡単に治ると思います。(淋病の症状は尿道から血が出るので、とても痛いです。その後に、この情けなくなる、泌尿器科での性病検査が待っているので、性病にはかからないようにすることが一番だよ。)実体験です!!すみません。(笑)

 

 

僕が泌尿器科で受けた、もう嫌になっちゃうくらいの、性病検査は、とってもリスキーで絶対避けた方が良いですので、もし、『性病かな?』って思った人には、自宅でできる検査をおすすめしますよ!!学校や職場でばれたら大変ですからね!!

 

今は、簡単に自宅で検査できちゃう時代だからよくなりましたね。

 

では、この自宅でできる性病検査詳しく紹介するね。

tr_102914_074803_PM

まずは自宅でできる性病検査の検査の流れ

 

1 ネットで検査キットを購入して、自宅で検体(血液)を採取します。

2 採取した検体(血液)を郵送で返却します。

3 後は血液検査の結果が届くだけ。(PC、モバイルでの確認と、郵送での確認、2種類の方法から選べます。)

 

誰にも知られずに血液検査ができて、性病検査とエイズもチェックできる仕組みになっています。

 

泌尿器科へ行っての性病検査より、手軽で簡単にできちゃうのでとっても安心ですよね。しかも女性には嬉しい、性病検査やエイズだけではなく、子宮頸がんのチェックもできちゃうみたい。

N189_iryounogenbanashi500_102914_101421_PM

誰にも知られずに自宅で性病検査が出来る宅配ドクター公式サイトには、性病の詳しい症状も出ているので気になっている人はチェックしてみてね。

 

今回は意外と悩んでいる人が多いけどなかなか相談できない性病検査についてブログにしちゃいました。

 

性病の悩みや不安は、さっと解消しちゃいましょう。

 

もう泌尿器科でのあの検査は、思い出したくもない出来事だったのに、また思い出しちゃいました。(笑)

 

以上、ニッチな情報!!誰にも知られずに血液検査ができて性病やエイズもをチェック出来ちゃうでした。