頭皮の痒みで悩んでいる人も多いでしょう。

ひどい頭皮の痒みにはさまざまな原因がありますが、シャンプーによって引き起こされることも多いです。

シャンプーの成分が頭皮に合わないとアレルギー反応を引き起こすこともあるので注意しましょう。

 

スポンサーリンク

シャンプーが原因でひどい頭皮の痒みになる理由

※参考記事

頭皮の痒みに効くシャンプー!美容師おすすめベスト3

頭皮というのは皮膚がデリケートなので傷つきやすい部分となっています。

傷ついても血が流れるようなことはありませんが、知らないうちに傷つくことで炎症や痒みなどが起こってしまうこともあります。

頭皮はちょっとしたことで傷ついてしまいます。

 

傷つく原因はいろいろありますが、最も多いのはシャンプーとされています。シャンプーが原因になるといっても頭を洗わないと皮脂が溜まってしまいますし、皮脂を餌とする雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

結果としてひどい痒みが発生してしまうこともあるので注意しましょう。

また、きちんと洗っているつもりでも方法が間違っているとひどい痒みの原因になってしまうことがあります。

頭を洗う時は熱いお湯を使った方が汚れが綺麗に落ちると言われています。

 

確かに熱いお湯の方が髪の毛は濡れやすいですし、シャンプーも流しやすくなります。

しかし、40度を超えるような温度の場合、頭皮が軽い火傷をしてひどい痒みの原因となる炎症を引き起こしてしまうこともあります。

皮脂を溶かすために最適な温度は38度と言われているため、40度を超えるようなお湯で頭を洗うのはやめた方が良いでしょう。

 

また、シャンプーの原液を直接頭皮に塗ってしまった場合、成分が毛穴の奥まで入り込んでしまいます。

そうするとお湯で洗っても綺麗に流せなくなってしまうということです。

また、シャンプーの中に含まれる刺激物によって頭皮が荒れやすくなりますし、炎症やひどい痒みを引き起こすこともあります。

シャンプーを頭皮につける場合、まずは手に取ってからしっかり泡立てるようにしましょう。

頭皮の痒みが気になると爪を立てて洗いたくなってしまうかもしれません。

しかし、強く擦って洗ってしまった場合、頭皮を傷つける原因となります。

 

爪と頭皮を比べると爪の方がかなり硬いですし、ちょっと引っ掻いただけでも頭皮は傷ついてしまうでしょう。

そのため頭を洗う時は指の腹で優しくも見込むようにするのがポイントです。

それによって頭皮を傷つけることは無くなりますし、余分な皮脂をしっかりと浮かび上がらせることができるのです。

また、シャンプーを頭皮につけた後は綺麗に洗い流すようにしましょう。

シャンプーが頭皮に残っている場合、炎症の原因になってしまうことがあります。

 

頭皮に合ったシャンプーの選び方

頭皮の痒みを抑えたいという場合、頭皮に合わせたシャンプーを選ぶことが大切です。

商品の選び方は人によって変わってきますが、値段や香り、口コミだけで選んでしまうのは良くありません。

シャンプーは髪の毛のためだけでなく、髪の毛を作り出す頭皮にとっても重要なものです。

シャンプーにはさまざまな成分が含まれており、成分ごとに異なる効果があります。

 

シャンプーの役割は頭皮の汚れや皮脂を落とすということですが、中には強力な界面活性剤が含まれているものもあります。

そのため肌が弱い人が使った場合、トラブルも発生しやすくなるということです。

最適なシャンプーを選ぶためには自身の頭皮のタイプを確認しておきましょう。

 

脂性タイプは皮脂の分泌量が多いことが特徴です。

臭いやベタつき、フケなどが気になる場合はこのタイプであり、余分な皮脂を取り除くことがポイントです。

乾燥タイプは皮脂の分泌が少なく栄養が不足しているという状態です。

細かいフケや抜け毛が多い場合はこのタイプであり、ターンオーバーの乱れによって引き起こされているということです。

 

混合タイプは頭皮の皮脂バランスは問題ないのですが、年齢を重ねるごとにトラブルが発生しやすくなります。

そのため普段からきちんとケアを行った方が良いでしょう。具体的にどのようなシャンプーが良いのかということですが、脂性タイプは皮脂の過剰分泌が一番の問題であり、皮脂の分泌量を抑えるようなシャンプーを使うと良いでしょう。

皮脂の分泌量はもともとの体質も関係しています。

 

しかし、間違ったケアによって皮脂の分泌量が増えてしまうこともあります。

皮脂が気になると強く擦って洗いたくなるかもしれません。

しかし、強く擦ってしまうと頭皮に必要な皮脂まで奪ってしまうことになりますし、逆に皮脂の分泌量が増えてしまうこともあるので注意しましょう。

頭皮のベタつきが気になる場合は薬用シャンプーなどがおすすめです。

乾燥タイプの場合は乾燥によって必要な皮脂と水分が失われています。

それによって痒みが発生してしまうこともあるので注意しましょう。

この場合もシャンプーの洗浄力が強すぎることがおもな原因です。

 

潤いを与えてくれるタイプのシャンプーが良く、アミノ酸洗浄成分や保湿成分を含むものを選ぶと良いでしょう。

混合タイプはフケや痒みなどのトラブルが起こりにくいですが、その状態をキープしたいなら髪の毛と頭皮に最適なシャンプーを選ぶことがポイントです。

頭皮というのはもともとデリケートな部分ですし、どのタイプでも低刺激で負担の少ないシャンプーでケアするのがおすすめです。

 

頭皮の痒みがひどい時の対処法

頭皮の痒みが気になると仕事や勉強に集中できなくなりますし、フケが出ていないか気になってしまう人もいるでしょう。

痒みの原因はいろいろありますが、髪の毛や頭皮の洗い方に問題があることが多いです。

シャンプーをつけすぎるのは良くありませんし、洗い流しも痒みの原因になってしまうので注意しましょう。

頭皮は髪の毛に覆われており、体と違って綺麗に洗うのが難しい部分とされています。

 

しかし、この部分も蒸れたり汗をかいたりしますし、普通に生活をしていても汚れや皮脂が溜まってしまいます。

また、常に外気に晒されていますし、毎日きちんと汚れを落とすようにしましょう。

普通に洗うのではなく、指の腹を使ってマッサージしながら洗うのもおすすめです。

それによって痒みの原因となる皮脂や汚れをしっかり落とすことができるでしょう。

 

寒くなると肌だけでなく頭皮も乾燥しやすくなります。

顔や体の乾燥が気になる時は保湿ケアを行う人も多いでしょう。

頭皮の乾燥にも保湿ケアは有効な方法であり、専用のローションなどを使って潤いを与えるのがおすすめです。

保湿ケアを行うだけでも痒みが軽減することがあるので試してみると良いでしょう。

 

しかし、塗り過ぎるとトラブルが起こってしまうこともあるため、用法用量をしっかり守って使うことが大切です。

外出先で急に頭皮が痒くなることもあるでしょう。

しかし、頭皮が痒いからといって強く掻いてしまうと不潔な印象を与えてしまうことがあります。

フケが落ちてしまうこともあるため、避けた方が良いでしょう。

 

外出先で頭皮の痒みを我慢できない場合、爪を立てるのではなく指の腹を使って優しく頭皮を擦るのがポイントです。

痒い部分を中心に円を描くように動かすだけでも痒みが軽減します。

掻いてしまうのが恥ずかしい場合、髪の毛の根元を少し引っ張るという方法もあります。

しかし、引っ張り過ぎると抜け毛などの原因になってしまうこともありますし、同じ部位ばかり何度も引っ張るのはやめた方が良いでしょう。

 

頭皮がよく痒くなる場合、専用のローションを持ち歩くのもおすすめです。

痒くなったらすぐローションをつければよいですし、炎症の悪化を防ぐこともできます。

また、いつでも治療できるという安心感によって痒みが治まる場合もあります。

 

まとめ

 

気になる頭皮の痒みはシャンプーが原因となっていることもあります。

シャンプーに配合されている界面活性剤はさっぱりとした洗い心地が魅力的ですが、洗浄力が強すぎて頭皮トラブルを引き起こすリスクもあると知っておきましょう。

※参考記事

【重要】頭が痒い原因は病気とストレス!対処法とは?

頭皮の痒みに効くシャンプー!美容師おすすめベスト3

汗かき男性にオススメのシャンプーランキング5!!

頭皮の保湿対策に効くオイルランキング!

頭皮の保湿に効く頭皮用化粧水ランキング!美容室の人気アイテム

スポンサーリンク