価格の安さではネクストモバイルが非常に魅力的ですが、その通信の安定性や通信制限のリスクなどを考えると特に大容量のデータを頻繁に利用する立場にとっては必ずしも確実な通信が実現できるものとは言えない点があります。



 

スポンサーリンク

 

wimaxはネットワークの品質が非常に高いことから通信制限のリスク等がほとんどありませんが、近年では利用者が非常に増えていることからネットワークに対する負荷が大きくなる傾向にあり、これまでほとんど無制限に通信容量を提供できていたものが今後どのように変化していくのかが未知数であると言うリスクがあります。



 

 

料金面で比較した場合には圧倒的にネクストモバイルが有利です。

2,760円と言う非常に安い月額で17GBと言う非常に大きな容量を利用することができるので、これまでの格安SIMやその他の通信ネットワークに比べて非常に格安と言う点は魅力的です。

wimaxの場合には高速通信は可能ですが価格の安いサービスを利用した場合には7GBで通信制限の対象となるため少々レベルの高いスマートフォンのネットワークとあまり変わらず、また無制限の設定をした場合には料金的にも4,000円から5,000円の料金となってしまうためそのメリットがなくなってしまうと言う問題があります。

そのため価格面では明らかにネクストモバイルのほうに大きなメリットがあり、wimaxは割高となってしまう印象があるのです。

 

 

ただしwimaxは次世代の高速ネットワークとしてそのバックボーンから構築されており、MVNOのように他社の通信回線の影響を受けないと言う点にポイントがあります。

これは大容量のバックボーンを持ってさえいれば安定的に通信容量が提供できるものであるため、高速通信を安定的に提供することができるネットワークとして確立されており、この条件に合う人にとっては非常に使い勝手の良いものとなるのです。

 

 

そのため格安SIMとwimaxを比較した場合にはどちらにも一長一短があり、利用者の使い方やメリットを感じる点がどこなのかによってその評価が大きく変わってくるものです。

 

スポンサーリンク

参考

ネクストモバイルとwimaxを徹底比較!選び方のポイント