薄毛に悩んでおり、発毛剤を使いたいと考えている人もいるでしょう。

発毛剤と聞くと男性用というイメージを持っている人もいるかもしれません。

しかし、最近では女性用の発毛剤も多く登場しており、男性用とは異なる特徴を持っています。


※参考記事

【2018年】市販で人気の女性用発毛剤おすすめランキングベスト10!口コミ有り

スポンサーリンク

女性が薄毛になってしまう原因

女性が薄毛になってしまう原因にはいろいろあります。


1 ホルモンバランスの乱れ

まずはホルモンバランスが乱れてしまうという原因が挙げられます。

女性は年齢を重ねるごとに女性ホルモンの分泌量が減少してしまいますし、相対的に男性ホルモンが増えてしまうのです。


女性ホルモンの一種であるエストロゲンには、髪の毛の成長をサポートするという役割があります。

そのためエストロゲンが減少すると、髪の毛が十分に成長する前に抜け落ちてしまうこともあるのです。


また、男性ホルモンが増えると髪の毛の成長を止める物質が作られやすくなります。

ホルモンバランスは加齢や出産、睡眠不足、ダイエット、ストレスなどが原因で乱れやすくなるのです。


2 栄養不足

髪の毛が十分に成長するためには栄養素が必要となります。

食事のバランスが乱れると髪の毛の成長に必要な栄養素が不足しがちになりますし、髪の毛まできちんと栄養素が届かなくなることも薄毛の原因です。


髪の毛も体と同じように栄養素が足りないと痩せてしまいますし、細くなってしまうということです。

食事制限によるダイエットをしている場合や普段から偏食の人などは注意しましょう。


仕事をしている場合や子育てをしている場合、食事への気遣いができなくなってしまうかもしれません。

しかし、食生活の乱れは薄毛の原因になりますし、少しずつ改善していくようにしましょう。


3 頭皮環境の乱れ

また、頭皮環境の乱れも薄毛の原因になると言われています。

過剰な皮脂の分泌があると頭皮環境が悪化してしまいますし、皮脂によって毛穴が塞がってしまいます。


結果として炎症が起こってしまうため、髪の毛が抜けやすくなると言われています。

頭皮環境が乱れている場合、頭皮が脂っぽくなったりフケが増えるなどの症状がみられます。

頭皮にこのような症状がある場合は、髪の毛のトラブルが発生しやすくなるので注意しましょう。


また、頭皮に負担をかけることも薄毛の原因になると言われています。

これは髪の毛を結ぶことが多い人に起こることが多く、長期間負担をかけることで頭皮の血行が悪くなってしまうのです。


血行が悪くなると髪の毛の成長に必要な栄養素が届きにくくなるので注意しましょう。

子育てや家事で髪の毛をよく結ぶ人やエクステを使っている人などは注意が必要です。


カラーやパーマも薄毛の原因になると考えられています。

カラーやパーマの薬剤は頭皮に刺激を与えるため、炎症を起こして薄毛に繋がってしまうこともあるでしょう。


女性用発毛剤の特徴

※オススメ市販品女性用発毛剤 【リアップリジェンヌ】


女性用発毛剤といってもさまざまな商品がありますが、発毛剤というのは医薬品に分類されています。

育毛剤は医薬部外品に分類されており、それぞれの違いを知りたいという人もいるでしょう。


基本的に医薬品である発毛剤の方が効果が高いことが特徴であり、医薬部外品である育毛剤のメリットは副作用のリスクが少ないということです。

効果の高い医薬品でケアをしたいという場合、ドクターや薬剤師に相談する必要があると知っておきましょう。


年齢や頭皮の状態によっては使用できないこともあるので注意が必要です。

医薬品の発毛剤は医薬部外品よりも効果が高いとされていますが、効果の出方には個人差もあります。


また、副作用のリスクや使用制限などもありますし、きちんと注意点を守って使うようにしましょう。

医薬品の女性用発毛剤にはミノキシジルという有効成分が配合されています。


ミノキシジルはもともと高血圧の人が処方される薬の成分でしたが、服用した人の髪の毛が濃くなるという作用が確認されたため、発毛剤の成分としても使われるようになったのです。

そのため血圧や心臓に影響を及ぼす可能性が高いですし、高血圧の人や低血圧の人、心臓の弱い人などが女性用発毛剤を使う時には注意が必要です。

ドクターや薬剤師に相談してから使用するようにしましょう。


女性用発毛剤は製品によってミノキシジルの配合濃度が異なることが特徴です。

濃度が高いほど薄毛を改善する効果も高くなりますが、副作用のリスクも高まってしまいます。


基本的に濃度5%は男性専用となっており、女性は濃度2%までしか使うことができないので注意しましょう。

また、ミノキシジルの濃度だけでなく使用感なども商品によって異なっています。


ミノキシジル濃度が同じなら期待できる効果も同じですし、使用感や価格で選んでも良いでしょう。

女性用発毛剤を使ってもあまり効果が得られなかったという人や、もっと濃度の高いものを試したいという人もいるかもしれません。


副作用が気にならない場合は女性の薄毛専門クリニックで、濃度の高いミノキシジルを処方してもらうという方法もあります。

専門のクリニックでは頭皮のチェックや血液検査なども受けられますし、頭皮の状態に合わせた女性用発毛剤(パントガール)を処方してもらえます。


※参考記事

女性の薄毛治療薬パントガールの気になる価格と効果!


そのため安心して薄毛のケアができるようになります。

女性用発毛剤を使いたいという場合、無添加のものを選んだ方が安心です。


女性用発毛剤の効果

女性用発毛剤は毛母細胞を活性化させる薬のことであり、直接的な発毛効果が得られることが特徴です。

ちなみに、発毛剤は医薬品に分類されるため、ドクターによる処方が必要となります。


医薬品には第一医薬品と第二医薬品の2種類がありますが、発毛剤は第一医薬品に分類されています。

育毛剤などと比べて発毛力が高く、頭皮や肌質によっては副作用のリスクもあるということです。


厚生労働省が発毛効果を認めているのはミノキシジルという成分だけであり、この成分が含まれた発毛剤はドラッグストアなどでも販売されています。

しかし、第一医薬品として扱われているため、購入する際には薬剤師の説明が必要となります。


発毛剤という名前は知っていても、正確にはどのような効果があるのか分からないという人もいるでしょう。

発毛剤というのは髪の毛や頭皮のケアができることはもちろん、毛母細胞に働きかけることもできるのです。


毛母細胞は髪の毛の成長をコントロールしている細胞であり、毛母細胞が活性化されることで健康的な髪の毛と頭皮を取り戻すことに繋がるでしょう。

ちなみに、育毛剤や養毛剤は髪の毛や頭皮に働きかけることしかできません。


発毛剤なら毛母細胞の働きまで改善することができますし、トータルで薄毛のケアができるのです。

女性用発毛剤は高い効果が期待できると言われていますが、使ってすぐに髪の毛が生えてくるというわけではありません。


髪の毛にはヘアサイクルという生え代わりのサイクルがあります。

薄毛で悩んでいる人はヘアサイクルのうちの成長期が短いと言われており、髪の毛が太く成長する前に抜け落ちてしまうことがほとんどです。


太くなる前に寿命を迎えた場合、産毛のままで抜けてしまうので薄毛になってしまいます。

そこでヘアサイクルを整えることで髪の毛の悩みを解消することに繋がります。


発毛剤を使ってヘアサイクルを整えたいという場合、最低でも3ヶ月はかかってくると言われています。

継続しなければ効果は得られないため、毎日欠かさずにケアを続けるようにしましょう。


発毛剤は朝と夜の2回使うことがポイントです。

シャンプーで頭皮や髪の毛を綺麗にしてから使うと成分が浸透しやすくなると言われています。

しかし、強く擦ってしまうと頭皮への負担が大きくなってしまうため、力を入れ過ぎずに丁寧に洗っていきましょう。


女性が男性用発毛剤を使うとどうなる?

女性だけど男性用発毛剤を使ってみたいという人もいるかもしれません。

確かに男性用発毛剤の方が成分の濃度が高いですし、高い効果が期待できると言われています。


しかし、同じ薄毛という悩みでも男性と女性では原因が異なっていますし、解消する方法も異なってくるということです。

基本的に女性が男性用発毛剤を使うのは良くないとされています。


男性用と女性用では成分や使い方、メリット、デメリットなども異なってくることを知っておきましょう。

一般的に女性は男性よりも肌がデリケートであると言われています。


男性用発毛剤の中には刺激が強い成分を配合したものもありますし、炎症や痒みなどを引き起こすリスクがあるのです。

また、男性用発毛剤は男性ホルモンのはたらきを抑制するタイプのものが多く、もともと男性ホルモンが少ない女性が使ってもあまり効果が実感できないのです。


女性用発毛剤なら比較的刺激が少ないですし、頭皮がデリケートな女性でも安心して使えると言われています。

女性用発毛剤は医薬品に分類されており、医薬部外品よりも高い効果が期待できます。


男性用とは異なり、頭皮の捕逸が主な目的です。

日本ではミノキシジルが有効成分として認められており、毛母細胞に働きかけることで髪の毛の成長をコントロールしてくれると言われています。

毛母細胞に直接働きかけることで効果を発揮することが特徴です。


女性の薄毛対策にはどんなものがある?

女性の薄毛はさまざまな原因で引き起こされるのですが、それぞれの原因に合わせた対策を行うことで改善することができると言われています。


1 食事の見直し

髪の毛の悩みを改善して頭皮を健康な状態に導きたいという場合、まずは食事の見直しが重要です。

食事というのはホルモンバランスを整える効果がありますし、髪の毛の成長に必要な栄養素を届ける効果や皮脂の分泌を抑制するなどの効果も期待できます。


最も大切なのはバランスの取れた食生活を送るということであり、栄養バランスが乱れるとホルモンバランスをも乱れやすくなるので注意しましょう。

髪の毛に成長に有効な成分としてはイソフラボンがあります。


イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをすると言われており、女性ホルモンの減少によって薄毛になっている人に最適です。

また、タンパク質など髪の毛の材料となる栄養素を摂取することもポイントです。

健康的な髪の毛の成長をサポートすることができますし、皮脂の過剰な分泌を抑制することもできるでしょう。


2 生活習慣の改善

ホルモンバランスを整えるためには生活習慣を改善することも重要です。

生活習慣も薄毛の原因になってしまうため、睡眠時間やストレスが溜まっていないかなどを見直してみましょう。


睡眠時間が短いと髪の毛がしっかり成長できなくなってしまいます。

また、生活のリズムが乱れている場合は規則正しい生活を送るように心がけましょう。


現代社会では全くストレスを感じることなく生活するのは難しいとされています。

しかし、ストレスもホルモンバランスを崩す原因となりますし、上手く発散する方法を見つけておきましょう。

仕事や子育てが忙しくても週に1日はリフレッシュする時間を作ることが大切です。


3 頭皮の血行促進

さらに、髪の毛をしっかり成長させたいという場合、栄養素を摂取するだけでなく血行を改善することもポイントです。

髪の毛に良い栄養素を摂取していても、それがしっかり髪の毛に届かなかったら意味がありません。


血行を改善するためには頭皮のマッサージを行うのがおすすめです。

マッサージを行うことで頭皮が解れやすくなりますし、血行が改善されるでしょう。


また、体の冷えも血行を悪くする原因です。

入浴ではしっかり湯船に浸かるなどして体を温めるようにしましょう。


4 シャンプーの見直し

シャンプーを見直すことで薄毛を改善できることもあります。

もともと頭皮が乾燥しやすいという場合、洗浄力が強すぎるシャンプーを使うのは良くありません。

さらに乾燥が進んでしまいますので、頭皮の状態に合わせたシャンプーを選ぶようにしましょう。


まとめ

女性用発毛剤には直接的に髪の毛を生やす効果が期待できます。

育毛剤よりも高い効果が期待できますし、短期間で悩みを解消したいという人に最適です。

女性用発毛剤は男性用発毛剤と比べて副作用のリスクが低いというメリットもあります。

スポンサーリンク

※関連記事

女性用育毛剤を選ぶ時の比較ポイント!自分に合う育毛剤の見つけ方

市販の女性用育毛剤を使っていたら頭頂部の薄毛が改善した

40代50代女性におすすめ育毛剤を知っていますか?効果の違い