ドラッグストアのシャンプーを使っていた時は髪がバサバサでしたが、通販で買える市販のノンシリコンアミノ酸シャンプーを使ったら髪の毛がサラサラになりました。

僕が使ったシャンプーはハーブガーデンと言う国産のオーガニックシャンプーです。

なぜ同じシャンプーでもこんなに違うのでしょうか??

ノンシリコンアミノ酸シャンプーの効果を調べてみました。


※参考記事

市販で人気のノンシリコンアミノ酸シャンプー!比較ランキングと選び方


スポンサーリンク

ノンシリコンアミノ酸シャンプーで髪がサラサラになる理由

ノンシリコンアミノ酸シャンプーで髪を洗うとサラサラになる理由として、洗浄成分として肌にも頭皮にも優しいアミノ酸を使用しており、負担になる可能性のあるシリコンを配合していないことが挙げられます。

それでは、アミノ酸が洗浄成分だと何が良いのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。


高級アルコールシャンプー・石けんシャンプー・アミノ酸シャンプーの比較

シャンプーは、洗浄成分として使用されている界面活性剤の種類によって、高級アルコールシャンプー・石けんシャンプー・アミノ酸シャンプーにわけられます。


高級アルコールシャンプーの特徴

スーパーやドラッグストアなどで一般に市販されている安価なシャンプーのほとんどは高級アルコールシャンプーです。

なお、「高級」とついていますが、これは上質だとか高価だといった意味ではなく、分子中の炭素が多いことを意味しています。


高級アルコールシャンプーは洗浄力や殺菌効果が高く、さっぱりした洗い上がりになりますが、同時に頭皮や髪に必要な皮脂まで取り除いてしまうというデメリットがあります。

必要な皮脂までなくなると、頭皮は乾燥し、かゆみや赤みをひき起こすことがあります。


また、髪のキューティクルを接着している物質、CMCも取り除いてしまいますので、キューティクルがはがれやすくなり、保持していた髪の潤いや栄養も流れ出てしまいます。

結果としてパサつきや傷みをまねきます。


そのため、ほとんどの高級アルコールシャンプーではシリコンを配合しています。

シリコンは髪に吸着してコーティングしますので、つるつるの手触りになり、傷みをカバーできるためです。


ただし、コーティングしてしまうために、トリートメントなどをしても補修成分が髪に浸透しないことになります。

また頭皮に残って負担をかけるなどのデメリットがあります。


石けんシャンプーの特徴

石けんシャンプーは、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムなどの石けん成分が配合されています。

生分解性がよく環境に優しいものですが、アルカリ性で洗浄力が強いため、高級アルコールシャンプー同様に必要な皮脂まで取りすぎる傾向があります。

シリコンなどのコーティング剤も無配合のことが多いので、石けんシャンプーで洗うと髪がキシんだりパサついたりすることがあります。


アミノ酸シャンプーの特徴

アミノ酸シャンプーに配合されている洗浄成分は、アミノ酸系の成分です。

アミノ酸は、人間の体をつくるたんぱく質の重要な構成要素。


そのため、アミノ酸成分は肌にも髪にもなじみやすく、負担や刺激が少なく、髪を傷めません。

また、洗浄力も強すぎることはないため、必要な潤いや皮脂をとりのぞくこともありません。


保湿性が高いため、髪をしっとり潤わせる働きもあります。

潤うことで髪を覆うキューティクルもきれいにそろって閉じ、しっとりサラサラになります。


さらに、アミノ酸シャンプーは髪を傷めないため、コーティング剤目的のシリコンも必要ありません。

髪がコーティングされないため、髪が重たくならず、軽やかでさらりとした手触りになります。

これが、ノンシリコンアミノ酸シャンプーで髪を洗うとサラサラになる理由です。


ノンシリコンアミノ酸シャンプーのメリット

ノンシリコンアミノ酸シャンプーは、さまざまなメリットがあります。


1 適度な洗浄力

まずは、適度な洗浄力で汚れだけ落とし、必要な皮脂は落とさないという点が挙げられます。

シャンプーで頭髪を洗う目的は、髪ではなく、頭皮の汚れを落とすことにあります。


頭皮の汚れには、ほこりやちりなどの水で流せる汚れと、皮脂や整髪剤などの水だけでは落とせない油性の汚れがあります。

この油性の汚れを落とすために洗浄成分が配合されているわけですが、高級アルコールシャンプーや石けんシャンプーの洗浄成分が強すぎて、必要な皮脂まで取り除いてしまうことはすでに述べた通りです。


では、必要以上に皮脂が取り除かれると、何が問題となるのでしょうか。

まずは、頭皮が乾燥してかさつきます。

すると、かゆみやフケをまねきます。さらに、潤いを無くした頭皮は血液がうまく流れなくなりますので、酸素や栄養が十分に毛穴までいきわたらず、髪が弱ったり抜けたりといったことも起こります。


また、肌は乾燥しすぎると危機感を覚え、潤わせるために過剰に皮脂を分泌しようとすることがあります。

そのため、シャンプーで洗っても洗っても頭皮や髪がベタつくといったことも起こります。


ノンシリコンアミノ酸シャンプーで洗うと、頭皮の必要な皮脂を奪いませんので、こういった問題がおこりません。

ノンシリコンアミノ酸シャンプーのアミノ酸には保湿効果があるため、むしろ頭皮や髪が潤うというメリットがあります。


2 髪の補修

アミノ酸が髪へと浸透するので、ノンシリコンアミノ酸シャンプーで洗髪するとある程度ダメージを修復する効果も期待できるとされています。


さらに、髪の表面を覆うキューティクルはアルカリ性では開き、酸性で閉じる性質がありますが、アミノ酸シャンプーは弱酸性ですので、毎日使うことでキューティクルが閉じて髪の内部の栄養や潤いも保護されます。

ノンシリコンアミノ酸シャンプーを使い続けることで、しっとりしてパサつきにくく、つやのある健やかな髪になります。


3 頭皮トラブル予防

さらに、ノンシリコンアミノ酸シャンプーは弱酸性で肌への負担が少ないため、敏感肌や乾燥肌の人でも安心して使えます。

なお、ノンシリコンアミノ酸シャンプーは洗浄力が弱いとされますが、これはあくまで高級アルコールシャンプーや石けんシャンプーと比較してのことです。

正しい洗い方を心がければ、一般的な汚れを落とすには十分な洗浄力があります。


ただし、これまで高級アルコールシャンプーを使っていた人がノンシリコンアミノ酸シャンプーにかえたときは、しばらくべたつきが起こることがあります。

これはノンシリコンアミノ酸シャンプーの洗浄力が足りていないからではなく、これまで洗浄力が強すぎるシャンプーを使っていたために、頭皮が皮脂を過剰に分泌するようになっているからです。

しばらく経つと、分泌される皮脂の量が減ってべたつきもなくなるでしょう。


ノンシリコンアミノ酸シャンプーを選ぶときの注意点

ノンシリコンアミノ酸シャンプーは、多くのメーカーからさまざまな種類が販売されています。

中には、高級アルコールシャンプーや石けんシャンプーに、少量のアミノ酸の洗浄成分を配合して、「アミノ酸配合シャンプー」として販売しているものさえあります。


しかし、これではノンシリコンアミノ酸シャンプーとは言えません。

ノンシリコンアミノ酸シャンプーを選ぶときは、商品の成分表示をしっかり確認することが大切です。


表示成分表は、配合量が多い成分から順番に記載されています。

ふつう、もっとも多いのは水になりますが、それ以降に記載されている成分を確認しましょう。


ノンシリコンアミノ酸シャンプーは、アミノ酸系の洗浄成分が3~5種類程度配合されています。主な成分名として、メチルアラニン系(ラウロイルメチルアラニンNaなど)、ココイル〇〇(ココイルグルタミン酸Naなど)、〇〇ベタイン系(コカミドプロピルベタインなど)などが挙げられます。

この中でもっとも優秀なのはラウロイルメチルアラニンNaです。


これは、洗浄力が高くて肌に優しいという性質を持っています。ただし、成分の価格が高いのがネックといえるでしょうか。

ココイルグルタミン酸Naなど、ココイル〇〇とあるものは、髪にも頭皮にも優しい成分ですが、その分洗浄力も弱めで、泡立ちも弱い傾向があります。


〇〇ベタインも肌に優しく、洗浄力や泡立ちは弱めです。保湿性があり、しっとりした洗い上がりになります。

「アミノ酸配合」と書かれていても、成分表にラウリル硫酸〇〇やラウレス硫酸〇〇、スルホン酸などが含まれているなら、それは高級アルコールシャンプーであり、アミノ酸シャンプーではありません。


また、アミノ酸シャンプーのほとんどは、通常シリコンは配合されていませんが、中にははいっているものもあります。

ただし、成分表示欄には「シリコン」とは書かれていません。


ジメチコン、シクロヘキサシロキサン、ジメチコールなど、「メチコン」「シリカ」「シリル」「シラン」「シロキ」などが含まれた成分名があれば、シリコンの可能性が高いです。

シリコンは髪をコーティングしますのでつるつるした手触りになりますが、それ自体に髪への保湿効果や補修効果はなく、アミノ酸の髪への良い効果の妨げとなってしまいます。


シリコンが配合されていない、ノンシリコンアミノ酸シャンプーを選びましょう。

また、保存料や防腐剤、合成香料、合成着色料などが添加されていないものを選ぶ方が、髪や頭皮への刺激が少ないため、よりおすすめです。


市販のノンシリコンシャンプーおすすめベスト3選

実際に使って髪の毛がサラサラになったオススメのシャンプーを紹介しておきます。

1 ハーブガーデン

公式サイト 【半額モニター募集中】洗うだけでウルッツヤ!100%天然成分シャンプー

アマゾン さくらの森 ハーブガーデン シャンプー&コンディショナー セット 100%天然オーガニックシャンプー

楽天 ハーブガーデン さくらの森シャンプー&さくらの森コンディショナー セット さくらの森 【公式】|オーガニック 無添加 自然派 ノンシリコン アミノ酸 ボタニカル モイスト フケ 頭皮湿疹 頭皮 かゆみ


現在使っているオーガニックシャンプーです。頭皮が敏感で乾燥しやすいので、行きつけの美容師さんにオーガニックシャンプーをオススメされました。

シャンプーをした後も頭皮が痒くないのでお気に入りです。


口コミ

今までのシャンプーと違い、優しく洗えている感じがしました。

洗ったあとはスッキリ、ノンシリコンだとうことで最初は少しきしみを感じましたが、3~4日目には全く気にならなくなりました。

まだ大きな実感はないのですが、髪がハネにくくなってきたことと、前よりもしっとり感があるのはなんとなく分かります!

あと、合わないシャンプーだとすぐに頭皮がかゆくなるんですが、そういったこともなく、乾燥が気にならなくなってフケも収まりました!

3ヵ月は使い続けてみるとより変化が実感できると教えてもらったので、楽しみに使い続けています

※関連記事

オーガニックシャンプー口コミランキング1位は国産のハーブガーデンシャンプー


2 モーガンズ

公式サイト mogans

アマゾン mogans (モーガンズ) ノンシリコン アミノ酸 シャンプー/コンディショナー(リッチ&フローラル) セット

楽天 【送料無料】 mogans モーガンズ ノンシリコン アミノ酸 ヘアシャンプー & コンディショナー 各2本 セット ヘアケア ノンシリコンシャンプー アミノ酸シャンプー トリートメント ギフト


こちらは昔使っていたノンシリコンアミノ酸シャンプーです。髪の毛がしっとりとサラサラになるので髪の毛の硬い人には気に入っていただけると思います。


口コミ

シャンプー→サラッとしたテクスチャーで泡立ち良いです。

トリートメント→クリーミーなテクスチャーで髪に馴染ませるとスッと消える不思議な感じ

かなり馴染みがいいです。

どちらも香りがすごく良くてリラックスできます。

シャンプートリートメントではなかなかないお香ぽい香り。

私は好きですが好みが分かれるかも?

タオルドライだけの状態だと心配だったけど、乾かすと髪の毛が柔らかくふわさらに

目指せ潤いとボリュームのある髪

※関連記事

人気のモーガンズシャンプーを解析!最安値で買う方法とは


3 CA101 シャンプー

公式サイト CA101 (シーエーイチマルイチ)

楽天 CA101 薬用ブラックシャンプー(ボトル)&ヘアトリートメント(チューブ)セット


女性用スカルプシャンプーです。頭皮の乾燥を防ぐ効果が高く、うちの奥さんが使っています。

髪がボリュームアップするシャンプーなのでお気に入りです。


口コミ

頭皮はしっかり潤うけど、髪はキューティクルが開いて、少しごわつくし指どりも悪い感じがします。逆にボリューム感をしっかりと感じることができたので、スカルプシャンプーとして、髪のボリューム感を求める人にはマッチする商品だと思いますよ

※関連記事

美容師お勧めのシャンプーランキング1位はCA101薬用ブラックシャンプー


ノンシリコンアミノ酸シャンプーの効果を最大限に引き出すための正しい使い方

いくら頭皮や頭髪に良いノンシリコンアミノ酸シャンプーを使っても、正しい方法で洗わないと、サラサラどころか、髪や肌を傷める結果となることがあります。

それでは本末転倒ですね。

そこで、ノンシリコンアミノ酸シャンプーでどのように洗髪するのが良いのかを説明していきます。


正しいシャンプーのやり方

まず、洗う前には目の粗いくしやブラシで髪をとかしておきます。

特に、髪が長い場合は静電気などで髪が絡まりやすくなっており、その状態で髪を濡らすとより絡まって傷んだり抜けやすくなったりしますので、丁寧にほぐすことが大切です。


ブラッシングしておくと、汚れが落ちやすくなる効果もあります。

頭の上から一気に髪をとかすのではなく、毛先の方から少しずつとかしていきます。


次に、お湯で髪を予洗いします。

指の腹で、地肌も丁寧に洗いましょう。


お湯が熱すぎると肌にも負担になりますので、38度程度の湯温がおすすめです。

この予洗いで、汚れの8割程度が落ちると言われています。


ここでしっかり汚れを落としておくと、シャンプーの量が少なくて済み、肌や髪にかかる負担も減ります。

予洗いがすんだら、手の平にシャンプーを適量とります。


直接地肌につけるのは、刺激が強いので良くありません。

手のひらにとって軽く泡立てます。


髪が長い人で500円玉くらいの大きさが目安となります。

あまり量をとりすぎると、きちんと流しきれずに頭皮に残り、肌に負担となりますので、注意しましょう。


なお、シャンプーの種類によってはうまく泡立たないことがあります。

その場合は洗顔ネットなどを利用するのもおすすめです。


立てた泡で髪を包み込むようにして、全体にいきわたらせ、よく洗っていきます。

爪をたてず、指の腹でマッサージするように洗うのがコツです。


襟足や耳の後ろなど、忘れやすい部分にも注意してください。

最後はしっかりすすぎます。


いくらノンシリコンアミノ酸シャンプーが肌に優しいと言っても、すすぎ残しがあると肌トラブルのもとになりますので、しっかり時間をかけて丁寧に洗い流しましょう。

洗い終わったあとは、バスタオルで包み込むようにして水気をとります。


髪が濡れているとキューティクルが開いた状態でひっかかりやすく、傷みやすくなっていますので、ごしごしこするのは厳禁です。

ある程度水気をとってから、ドライヤーで根元をしっかり乾かしましょう。


放置すると細菌が発生して臭くなることもありますので、しっかり乾かすことが大切です。

ドライヤーをあまり近づけると、それも髪を傷める原因となりますので、20cm程度離してあてるようにします。


乾かす目安はだいたい9割程度です。

それ以上かけつづけると、髪に必要な潤いまでとんでしまいぱさついた髪になってしまいます。


敏感肌、乾燥肌の人はノンシリコンアミノ酸シャンプーがおすすめ

敏感肌とは、何ともないようなちょっとした刺激でも赤くなったり痒みが起きたりする肌のことをいいます。

敏感肌になると、ふつうに使っている化粧水や洗顔料でも、赤くなったり痒くなったりといった症状が起きます。


症状の重さは、なんとなくピリピリした刺激を感じるといった軽度から、赤くじゅくじゅくになってしまうなんて重度の場合まで人それぞれに異なります。

ずっと平気だったのに、それまで使っていた化粧品で急に反応が出たということもあります。


敏感肌になる原因は、肌の潤い不足や乾燥などにあります。

必要な潤いがなくなって、生まれつきもっているはずの肌のバリア機能が弱まることで、外部からの刺激への抵抗力が落ち、敏感に反応するようになってしまうのです。


生まれつきバリア機能が弱い人もいますし、加齢にともなう自然な現象としてバリア機能が低下していくこともあります。

乾燥が原因ですので、もともと乾燥肌の人には敏感肌の人が多くいます。


敏感肌や乾燥肌の場合、肌につけるものには人一倍気を使う必要があります。

直接頭髪につけるシャンプーにも、細心の注意を払い、できるだけ刺激の少ないものを選ぶ必要があります。


また、肌を乾燥しないようにすることが大切です。

そのため、市販の高級アルコールシャンプーや石けんシャンプーのように洗浄力の強いものは良くありません。


肌に必要な皮脂や潤いを取り除いて乾燥を招きますので、赤くなったりかゆみを生じさせたりします。

そこにシリコンなどの添加物が配合されていると、さらに刺激となる恐れがあります。


敏感肌や乾燥肌で刺激に弱い人は、ノンシリコンアミノ酸系シャンプーを使いましょう。

ノンシリコンアミノ酸系シャンプーは弱酸性で刺激が少なく、肌に優しいものとなっています。


また必要な皮脂や潤いを奪わず、アミノ酸に保湿性があるため、肌が乾燥してバリア機能をより低下させるといった心配がありません。

ノンシリコンですので、肌への負担も少ないものとなります。


さらに、合成香料や防腐剤などの合成成分が無添加のノンシリコンアミノ酸シャンプーにすると、より低刺激となります。

なお、ノンシリコンアミノ酸シャンプーの中には、サリチル酸や安息香酸Naなどの殺菌成分が入ったものがありますが、これは善玉菌まで死んでしまって、ますますバリア機能が弱まる可能性があります。


これらの殺菌成分も入っていないものが良いでしょう。

敏感肌や乾燥肌の人も、肌に優しいノンシリコンアミノ酸シャンプーなら安心して使えます。

ノンシリコンアミノ酸シャンプーでツヤのある健やかでサラサラの髪を手に入れましょう。


まとめ

シャンプーを使っていて頭皮トラブルで悩んでいる方も、ノンシリコンアミノ酸シャンプーがオススメですよ。

シャンプーした後も頭皮が痒くならないのでよかったら試しに使ってみてください。

スポンサーリンク